BPS総義歯とDr.松下

BPS総義歯について

BPS義歯は歯科医師個人の経験や勘に基づいて製作されていた入れ歯とは違い、合理的で失敗のない優れたシステムが大きな特徴です。

入れ歯の製作には高い専門性が求められます

勤務医時代は、勤務していた医院が地域的に入れ歯の治療がものすごく多いところだったため、義歯についてかなり勉強をし、ノウハウを蓄積してきました。
表皮のような硬い組織と違って、口腔内の濡れた軟らかい組織の扱いは難しく、
入れ歯の製作には、「かみ合わせがぴったり合って、形は大きすぎず小さすぎず」
というような高い専門性が求められます。

現在は若い歯科医師や専門家に難しい義歯の技術を伝えたくて、専門誌に義歯についての執筆をしたり、講演活動を行なったり、著作(「これなら出来る明快総義歯作り」砂書房発刊)も出したりしてきました。

BPS総義歯システムなら多くの方に満足していただけます

高齢化社会に突入した現在、失った歯の治療にインプラントを選択される方も増えましたが、費用面や治療時間の問題、また外科的手術を要することから、体力的にインプラント治療をするのが難しい高齢者もたくさんいらっしゃいます。

患者さんの現実的な要求に応えていくために、より機能的な噛める入れ歯を提供していき、多くの方に充実した生活を送っていただきたいと思っていました。

そんなある日、BPS総義歯システムの存在を知り、これこそが入れ歯で悩む多くの患者さんと入れ歯製作で悩む若い歯科医師に(表現がオーバーかもしれませんが)福音をもたらすシステムであると実感しました。
以来、当医院では従来の入れ歯では満足できなかった方には、BPS総義歯を積極的におすすめしています。

BPS総義歯システムとは?

BPS総義歯システムとは、歯科材料メーカーとして世界的に有名な、スイス=リヒテンシュタインの「イボクラールビバデント社」が誇る最新の精密義歯(入れ歯)システムです。
日本では聞き慣れない言葉ですが、BPS総義歯は噛み合せの精密度が格段に高く、密着度、耐久性が通常の入れ歯と比べて非常に優れており、欧米諸国ではかなり普及している入れ歯システムです。
その証左としてアメリカの米国の歯科大学・歯学部49校中23校がすでにBPSを教育カリキュラムに取り入れています。
今後、世界標準の総入れ歯製作システムとして更に普及していくと思われます。

BPS総義歯を若い先生に伝えています

私はこの度、BPSデンティストとしてイボクラール・ビバデント社から認定をいただきました。
また、2010年にはJDA(Japan Denture Association)の正会員としてリヒテンシュタインIvoclar Vにて、BPSのクリニカルコースの受講に際して責任者として参加をしたり、アンチエイジングでテレビに登場されている宝田恭子先生とコンビを組んでセミナーを開催したりして、BPS義歯製作システムを歯科医師や歯科技工士の皆さんに伝えています。

BPS総義歯からの発展形、インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、入れ歯を固定するためのインプラント体を骨内に埋め込むことで総入れ歯を安定させ、「痛い」「ずれる」といった入れ歯の問題を解消するものです。
通常のインプラントと違い、埋め込むインプラント体の本数は格段に少なく、患者さんの身体的負担もかなり軽減されますし、治療期間や費用面も抑えることができます。
インプラントを入れるとはいえ、上部には入れ歯がのるので、合わない義歯では意味がありません。
精密なBPS総義歯と組み合わせることでインプラントオーバーデンチャーは患者さんが満足されるものとして完成されます。
義歯なので取り外してお手入れをしなければなりませんが、お口のなかで入れ歯がしっかり固定されますので、食事や会話の際に違和感を感じることが少なく、また見た目にも自然になります。

常に新しい技術を取り入れていきます

現在の入れ歯治療は、皆さんが想像している以上に技術的な進歩がありますので、今後も新しい治療を取り入れながら患者さんのニーズに応えていきたいと思います。

BPS義歯